V.A.M.P.サプリメント・カプセル

現代の漢方薬:漢方薬は病気の新しい治療法だと考えられ、この近年人気度が高まってきた。その理由はいくつか挙げることができる。その一つは、漢方薬にとって「予防」することこそ治療であり、他の科学的な薬による治療法と比べてもより安全だからである。また、漢方薬は他の治療法による副作用を減らすためにもよく使われる。さらに、抗生物質によって体の免疫システムが弱くなったときに、漢方薬はそれを高めることができるといわれている。

現代の漢方薬は中国において良い健康を作るために1921年からうまく使われるようになった。その時より、漢方薬に関する研究は人々の伝承レベルから製薬産業レベルに発展してきた。現代の漢方薬の特徴は素早い効果であり、薬に依存することも副作用も毒性もないのである。


  V.A.M.P.は現代の漢方薬治療法に基づきながら、医療科学の新技術を用いて製造された優れる薬である。この成果により、以前の医療法も改善されたし、また、性的不能・早漏・性欲不振・不眠症・健忘症・疲労などといった腎臓に関わる病状の新治療法もできたという。さらに、V.A.M.P.の特徴は素早い効果であり、薬に依存することも副作用も毒性もないのである
   
     V.A.M.P.は以下の原料によって作られる:
 
 

鹿茸
 

朝鮮人参



朝鮮ゴミシ
 
       
 

枸杞子 (くこし)
 

Epimedium (イカリソウ)
 

Semen Cuscutae(菟絲子)
 
     
 

竜眼肉




オニク
  成分:
コラーゲン、活性ペプチド、メラトニン、ムコ多糖、マルチビタミン、アミノ酸、10種類以上の微量金属。例えばカルシウム、鉄分、亜鉛、燐、ストロンチウム、マンガン、モリブデン、銅など。


作用:
V.A.M.P.は肝臓と腎臓に必要な栄養や必須微量金属などを効能的に与えることができる。また、腎臓の調節を促しながら透水性と分泌機能をも改善させ、血液の中に流れている男性ホルモンであるテストステロンのレベルを上げられる。さらに、副腎皮質ホルモンの機能も良くなり、核酸代謝とタンパク質合成も促進されることになる。

肝臓と腎臓は仙骨神経のセンター器官であるため、神経インパルスが自律神経系に送られたときに酸化窒素とともに血管作動性ポリペプチドが作られる。これは環状グアニジンが多く作られる原因となり、細胞内のカルシウムが減らせる原因にもなる。筋はリーラックスされ、血管の流れも良くなり、勃起することに導かれる。V.A.M.P.によって男性の性的性能がよくさせるとともに性的不能や早漏の問題も解決されるのである。また、心臓の病や糖尿病の治療にも役に立つ。

用法・用量
* 性行為の1時間前に1〜3カプセルをお飲みください。
* 心臓の病気を持っている方、あるいは糖尿病の方は寝る前に一日に1カプセルをお飲みください。

注意点
* この薬は子供と深刻な脳血管の問題を持っている方には適切ではない。


Copyright @ 2008 P.M.A.V.Marketing Co.,Ltd.